ようこそ小石原焼の世界へ
会館案内  会館案内
会館案内 陶芸体験   *要予約
会館案内 陶芸教室
会館案内  交通アクセス
会館案内 小石原焼陶器協同組合

 おしらせ
  民陶むら祭り
             10月7日(土)・8日(日)・9日(月)

10月7日のみ 

●茶室でのおもてなし...
500円(午前10時~午後4時) 先着150名様

10月7日・8日・9日
●小石原焼小皿と新米おにぎりセット販売…600円(午前11時~) 各日先着100名様
●フリーカップ絵付け体験…1,000円(午後1時~) 各日先着50名様

〇7月5日の豪雨災害のため、例年運行していました福岡市内からの直行バス及び、JR彦山駅からの無料送迎バスにはについては、今回の運行を取りやめます。

〇気象状況により国道211号が通行止めになることも予想されます。当日の天候及び交通情報をご確認の上ご来村下さい。

県道52号線・県道79号線は豪雨災害の為、通行止めとなっております。来村の際は迂回をお願い致します。
交通アクセス  
〈マイカー〉
大分自動車道 杷木I.C ⇒ 国道386号(日田方面へ) ⇒ 夜明け三差路 ⇒ 国道211号 ⇒ 東峰村【約25分】  
大分自動車道 日田I.C ⇒ 国道386号(杷木方面へ) ⇒ 夜明け三差路 ⇒ 国道211号 ⇒ 東峰村【約35分】


〈バス〉
杷木バスセンター ⇒ 夜明け三差路 ⇒ 東峰村 【約25分】


 
福岡県小石原焼復興支援金の受付について
                                        
                                        
小石原焼陶器協同組合
                                              代表理事 栁瀬 眞一

 
 この度の未曽有の豪雨災害は、小石原焼約50窯元が、甚大な被害を受け、多くの窯元が苦慮しています。降り始めからの500mmを超える雨量は、幹線の国道211号と産地小石原焼を直撃し、窯元の住居はもとより、作業場、製造所等に打撃を受けたところです。その中でも4件の窯元は特に大きく被災し、今後の復興に相当な日数を要する状況となっております。
 
また、国道の復旧は進んでいるものの、周辺のアクセス道路の復旧の遅れで、小石原焼窯元を訪れる方は、日々減少しています。

一日も早い窯元の再興と被災地の復興を願うものです。

つきましては、小石原焼の将来の存続のために、小石原焼の復興支援をお願いしているところです。


●支援金募集の趣旨
 
 平成29年7月5日14時頃から発生した九州北部豪雨により、小石原焼の発祥の地(皿山・釜床)及び国道211号が山腹崩壊・大肥川の氾濫により甚大なる被害を受けました。
 
小石原焼窯元は、1682年(天和2年)黒田藩主光之公が磁器を焼かせたのが「中野焼」と呼ばれ、後の小石原焼の起源となりました。一時期途絶えた窯元も高取焼に倣って再興し、1901年(明治4年)には窯元10戸、共同の登り窯2カ所で小石原焼として日常雑器を製造してきました。 1975年(昭和50年)には、焼き物としては九谷焼とともに日本で最初に「伝統的工芸品」に経済産業省から指定され、現在、組合44窯約150名の従業者で伝統的な飛がんな、刷毛目、櫛目など伝統技法・技術を研鑽作陶しているところです。
 
小石原焼陶器協同組合では、この度の豪雨災害によって、約350年の歴史の中で一つでも窯元の火を閉ざすことのないようにと尽力したいと思っておりますが、今までに経験をしたことのない状況となっている為に相当な時間と経費が掛かることを危惧しています。

 つきましては、今回の豪雨災害で被災した窯元が依然と変わりなく伝統的な小石原焼を存続していくために、皆様からの支援金を募るため「小石原焼復興事業支援」に支援口座を開設いたしました。
 
皆様の温かいご支援、ご協力を宜しくお願い致します。




●復興支援金の使途について
 
 1.唐臼の修復に係る事業
 2.登り窯と関連施設の修復事業
 3.小石原焼窯元の再興に必要な資金融資
 4.小石原焼の普及啓発活動事業
 5.その他小石原焼陶器協同組合が行う復興事業費



●支援金受付

(1)金融機関への振込口座

【金融機関名】  福岡銀行
【支店名】     杷木支店
【口座種類】   普通
【口座番号】   436291
【口座名義】   小石原焼復興事業支援金  代表 栁瀬 眞一
           (コイシワラヤキフッコウジギョウシエンキン ダイヒョウ ヤナセ シンイチ)
 
*福岡銀行からのみ手数料無料となっております。他銀行からの振込には手数料がかかります
  
*現金書留や直接持参は、事務手続き上受け付けていませんので、ご理解の程よろしくお願いします



●税制上の優遇措置について

小石原焼復興事業支援金については、特段税制上の優遇措置はありません。
一般寄付金の取り扱いとなります。ご了承お願いします。



●受付期間 

平成29年7月31日~平成30年3月31日まで









皆様の温かいご支援に感謝いたします。

平成29年9月6日時点での支援数 60件  支援額 3,102,000円となっております。
引き続き、平成30年3月31日まで受付を継続しておりますので、皆様の温かいご支援・ご協力をお願い致します。
 



●問い合わせ先
                
小石原焼伝統産業会館内 小石原焼陶器協同組合事務局

福岡県朝倉郡東峰村大字小石原730-9
        TEL/FAX  0946-74-2266
        E-mail    densan@smile.ocn.ne.jp
      
「小学4年生小石原焼社会科学習」ご担当先生


更新履歴


アクセスカウント
お問い合わせ

福岡県朝倉郡東峰村大字小石原730-9
TEL:(0946)74-2266

■開館時間/9:00~17:00
■休館日/火曜日(祝祭日の場合は翌日)
Copyright ©2010 koishiwarayaki ceramics museum All Rights reserverd.

....